sensei.jpg


週末不安に思っていた今日の会議。
案の定、どうどう巡りの方向へ。

あー、今日の会議で思い描いていた目的地を見失った。
エンジンかかってるのに、その場で待機状態?
いやスタートしたはずが、いつのまにかスタート地点に戻ってる感じ?
どのみち再スタートする前に燃料切れるなこれは。

もうどうにもなりそうにないから、
諦めて別の仕事に力いれるわ(笑)


PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2000A)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2009-09-03)
売り上げランキング: 5
おすすめ度の平均: 4.5
4 安かったので、つい買ってしまった
5 満足度高いです
5 高い
4 今更ですけど…
5 60GBタイプからの買い替え。


PlayStation 3(CECH-2000シリーズ)専用 縦置きスタンド(CECH-ZS1)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2009-09-03)
売り上げランキング: 119
おすすめ度の平均: 3.5
3 縦置きなら必須。
5 デザイン良し
1 高すぎます。
3 レバーの操作には注意が必要
4 縦置きなら必須かも

silverlight

CSS Nite in Shinjuku, Vol.5に参加してきました。
こういうセミナーに個人で参加するのは初めて。

駅から徒歩1〜3分て書いてあったけど、20分くらい迷った。
新宿駅の攻略難しすぎ。

セミナーは、
・Silverlightの最近の事例にはどんなものがあるのか?
・Silverlightでビデオを配信するには、どのような手順で行うのか?
・マーカーをつけたり、字幕をつける方法は?
・Silverlightでビデオを配信するメリットは?
・DeepZoomはどのように実装するの?
な内容。

実際にソフトを使ってデモってくれたので
おおまかな内容は把握。

セミナー後の質問タイムで、明日にでも即、実現可能な方法を教えていただいたので
さっそく実装しつつ検証を試みるつもり。
マイクロソフトの方、ありがとうございました!

やっぱり社内の閉じた空間にいるだけでは得られない発見がたくさんある。
どんどん社外のセミナーに参加して技術とアイデアを吸収したい。
色々イライラすることはあるけど、今、仕事が本当楽しい。


しかし、休憩時間にドーナツが振る舞われるは、お土産にTシャツくれたりと無料のセミナーでこんなにサービス良くていいの(笑)


dojo_newhdr 2.jpg
今の職場で働き始めて1年がたった。
うちの職場はデザイナー2名、ディレクター兼コーダー1名の体制。
デザイナーが各1件ずつ案件を抱えると、ディレクター兼コーダーの僕が
2つの案件を抱えつつコーディングも行わなければならない。
となると時間の使いや方やら、コーディングの速度を向上するなどしないと、仕事が回らなくなってしまう。
今年1年間を振り返り、次の1年に向けて対策を練る!

先に結論:「ディレクション力の向上が今年の目標!」

◆責任の重さ:
Webが完成しなかったり、クオリティが低い=ディレクター&コーダーの責任になる。
当たり前だが納期厳守のため、制作スケジュール通りに仕事が進まないと、
納期直前になってコーダーである僕は徹夜を強いられることになる。
納期厳守の責任が最終的にコーダーにかかってくるわけだ。

これを解決するには、スケジューリングをしっかり行うことだと思う。
コーディングのスピードを高める努力をしてきたがそろそろ限界が見えてきた。

それよりも、クライアントから求められる仕事内容をよく理解して、
必要な部分・必要ない部分を判断し、スケジュールを立てるようにする。
そして立てたスケジュールを、上手く仕事に関係する人間に伝える努力をしようと思う。

この1年通して、単純にスピードを求められるものが多かったので
その辺を考慮して、スケジューリングできるようにしたい。


◆作業量
クライアントから要件を聞く事からはじまり、その後、仕事に関わる人間に指示をだして、
自分のコーディング作業も進めなくてはならないので他の人間より作業量が2倍・3倍。

これも自分のコーディング作業が滞らないように、
制作の段取りを上手くできるようにしたい。

幸い、スケジューリングに口出しできるポジションみたいなんで、
色々試して、自分の仕事が効率よく回る枠組みを作っていきたい。

また、与えられた仕事に関しても重要な仕事、とりあえずでも構わないもの等、
質の比重を判断できるようになろうと思う。
クライアントからお願いされたことを言われたままに
こなすのではなく、無駄な部分は削ぎ落とす目を持ちたい。

クライアントは説明過多にあれもこれもと言って来るけど、
本当に大事な部分てそんなに多くないはず。
その部分さえクライアントと共有できていれば、無駄な作業が増えず
効率よく仕事できるもんね。


◆Web制作能力
今の職場では驚く事に、一番Web制作力があるのは僕だ。
これはあまり会社にとって良い状態ではないと強く思う。

ただ、限られた人数の中で仕事を捌くしかない状況なので、
僕自身は新しい技術を身につけていくよう努力するのを前提とし、
僕の知っている技術・知識を周りの人間に伝えることも今年は考えていかなければならない・・と思う。

ベンおじさんが

大いなる力には、大いなる責任が伴う」
"With great power comes great responsibility".


って言ってたし、そういう立場になっちゃたからには頑張らないとね。

技術を教える代わりに、その仕事を今後引き受けてもらう流れを作り、
自分の仕事を減らしていくのが今年の目標。

時間を作って、別の分野を勉強する時間や、別の仕事をする時間に充てたい。

◆給料
今の職場で、給料を上げていくのは正直期待できない。
上司のWebの仕事への理解力に疑問があるからだ。

給料をあげる方法として考えられるのは、
上司に仕事への理解を求めるようにアピールするか、
フリーで別の仕事を取って来るか。

自分の能力を考えると、上司へのアピールよりも
今の仕事を効率良くこなし、作った時間で別の仕事をこなすほうが手っ取り早そうだ。

上司はともかく、フリーの仕事を紹介してくれる先輩との仲は大切にしたいと思う。

以上、2009年も仕事を頑張ろうと思う!
webrenu.jpg

4ヶ月かけたWebサイトリニューアルの案件がようやく一段落した。
自分の新しい可能性と未熟さを感じたこの4ヶ月間の反省をまとめてみようと思う。

外部CSSからの背景指定はCSSファイルを基準として指定でOK


今回の案件ではサイトを全ページXHTML+CSSで作成した。
CSSをモジュール化し外部ファイルで管理、htmlから必要なものだけimportする構成にしたのだが、
外部CSSでbackgroundに指定した背景が表示されない事態に遭遇した。

これまでも、外部CSSで指定した背景が表示されないことがあったけど
原因を調べないまま、絶対パスで背景指定して対応してきた。
基本を理解してないことが今回の案件ではっきり浮かび上がった。

原因は画像へのパスを外部CSSを読み込む先のhtmlを基準に記述をしていたため。
外部CSSから背景画像を指定する際は、外部CSSを読み込んだhtmlを基準に指定するのではなく、外部CSSを基準にパスを指定すること。


記述ミスはバリデータでチェック


今回コーディング作業中に混入した1文字のタイプミスのせいで全ページが表示崩れする事態になった。
作業中ならば、それまでの作業過程を思い出しなんとなく問題箇所に心当たりがつくものだけど、
休憩後や日をまたいでしまうと、すっかり忘却の彼方。

今回の表示崩れの原因は、ファイルを保存する際にしたタイプミスだった。
昨日は何ともなかったに!と原因究明にあたったのだが、中々問題箇所を見つけられず時間だけが過ぎて行った。

バリデータを使うことを思いついて、チェックをかけたら
表示崩れを起こした原因であるたった1文字の混入を一瞬で見つけてくれた。

XHTMLコーディングの過程で何か壊れた際には、速攻バリデータでチェック


案件で使う文字コードで強制的にファイルが開くようエディタを設定しとく



head内で指定した文字コードと、実際の文字コードが違う場合
Firefoxでは表示されてもIEでは文字化けしたり、表示がごっそり消えたりする事態があった。
開発中はテキストエディタに案件で使う文字コードだけで強制的に開かられるよう
事前に設定しておくのが良いかも。

js外部ファイル化した共通メニュー部分がごっそり消えたときはあせった。
jsファイルだけ文字コードが違ってったのが原因。


Google AJAX Feed APIはdivをネストするとIEでエラーになる



今回の案件でGoogle AJAX Feed API を利用したRSSティッカーを制作した。
Google AJAX Feed API は、利用したページでdivをネストするとIEでエラーを吐く。
XHTMLで構成されたページでの利用推奨しているのに、これは酷い。

Firefoxではエラーにならないところがやっかいで、
納期ぎりぎりのタイミングで実施したIEでのチェックで初めてエラーが発覚し、かなり青ざめた。

以前Google Mapsを利用したページを作成した際に経験していた現象だったので、原因がわかれば、どうにもならないことがすぐに納得でき、iframe化する事で乗り切ったが、気がつくのが遅れてしまった。

今後、他社が提供しているAPIを用いる際には、何かしらの制約がないか、よく調査して導入を検討する必要があることを再認識。

Google AJAX Feed APIはdivをネストするとIEでエラーになる。XHTMLコーディングでティッカー部分にデザインをかぶせる場合、divで括らずAPI呼び出し部分を記述する事は難しいので、
Iframeで対応するか、導入事態を再検討する。



IEでの動作確認は早めにしとく


web制作をする際はFirefoxを基準に動作確認をしている。
今回のリニューアルの案件ではIEでの確認作業を後回しにしたことで痛い目にあった。

Google Ajax Feed APIの件もそうだが、firefoxでは何事もなくとも、
IEでは閲覧すらできない状態なんていくらでもあるのがブラウザ界の現状。

時間の節約を考えて、後でまとめてIEでチェックすればいいやなんて考えで、
作業を進めて行くと致命的なミスの発覚が遅れ、原因究明に時間がかかる。

IEチェックは後でまとめてと言わず、まめにチェック。



サイト設計図は素晴らしい


リニューアルにあたり、サイト構成図、ディレクトリ構成、サイト設計図の三つを作成。
サイト構成図、ディレクトリ構成はともかく、サイト設計図はデザイナー、クライアントとの交渉で絶大な効果を発揮した。

当初、制作チームの皆はサイト設計図でがちがちに指定するやり方を疑問視していたが、
納期が迫ってきた時期ではなんだかんだで食い入るように設計図を確認していたので、
サイト設計図をはじめに作成することの重要さを実感して貰えたと思う。

問題は一度決めた設計図を、案件の途中でひっくり返すことは時間的にも精神的にも不可能て事。
一度作業ベースに移ると、設計図の見直しと修正をして関係者に共有するのが非常に面倒い。

また制作途中でクライアントが方向転換を希望してきた時には、納期的にもどうにもならなかったので
土下座もいとわない気持ちでごめんなさいした。いやもうこれは本当ごめんなさい。

サイト設計図の作り込みは大事だと思った。
なるべく案件が走り出した後、早めに作成して、ミーティングでブラッシュアップを重ねるのがクオリティアップに繋がると思う。
HTMLコーダー的にはディレクトリ構成と命名規則とかも、適当でいいので早めにクライアントに相談しておくと後の作業が楽になる。

サイト設計図の作り込みがそのままサイトのクオリティに繋がる



クライアントと真っ直ぐ向き合う事。


正直今回の案件、クライアントの希望を30%も満たしていないと思う。
サイトのアクセス数を増やすため提案したサイト構成がクライアントの希望と180°方向性が違っていた。
その状態から始まったこの案件を上手くコントロールできたかと問われれば非常に自己評価は低い。
クライアントも制作チームも時間をかけたわりには妥協点が多い部分があった。
場数を踏んでコミュニケーションスキルを高めない事には、この点は改善できないと思った。

特に今回ディレクションする時に、HTMLコーダー脳が働き、
コーディングする際に非効率な構成にならないよう無意識にコントロールしてた気がする。

クライアントから逃げない。コミュニケーションは大事。



z-indexの指定はpositionと一緒にする


z-indexを指定する時に一緒にpositionを指定しないとFirefoxで意図した重ね順で表示されない。
IEだと上手く行って、Firefoxだと上手く行かないケース。

z-indexあれこれ
●position プロパティで [fixed] [absolute] [relative] のいずれかの値を持つ要素(つまり [static] 以外の値)にのみ適用される
●z-index プロパティの [auto] はボックスの重なり順が親要素と同じになる
●[整数] は値が大きいほど値が小さいボックスよりも前面になり、小さいほど大きい値よりも背面に配置される
●[整数] はマイナスの値も指定できる



他にも色々反省点があるので、追記予定。
2008年03月12日
picture.jpg
Jリーグ開幕の続き。

◆J関係の仕事の話。

いざシーズンが始まると、開幕前に想定して体制を整えたルーチン作業に色々問題がでてきてしまった。週末はその対応に追われ、会社に泊まり込む事に。

最近、週1ペースで会社泊まりしている。
CL決勝トーナメント開始にJリーグ開幕と慌ただしくなった2月末。

泊まりも辞さない覚悟で仕事頑張ってるぜ!と言える程若くもなく、
仕事を許容範囲内で回しきれてない「仕事のできない」自分に落ち込む。

どんなに忙しくても、時間内で仕事をこなし、家族との時間のために、ある程度の時間になると帰宅する先輩がいるのだが、その後ろ姿に憧れる。

家庭も仕事も上手に回す先輩のようになりたい。

◆どうでも良い話
Jリーグ公式サイトのサッカーカレンダー、コーディング的に良くできてる気がする。

フルCSSではないし、ガチンコのテーブルというわけでもないのだけれど、なんというか両者の中間あたりで上手くまとめている。
上手くスケジュールが収まってるし、表示崩れしないし、デザイン的にもさっぱりしていて好感持てる。

無難中の無難だけれけど、こういう落ち着く所に落ち着いているマークアップは嫌いじゃない。
2008年03月02日
stage6.jpg
動画共有サイトStage6が閉鎖した。
理由は色々あったようだけど、Web動画共有サービスの今後を強制的に考えさせられる機会となった。


最近見かけた下記の記事、「Webサービスでは100点の作品1個よりも、10点の作品を10個作った方が利益が高い」って話は共感した。

◆テレビとWeb動画サービスの違い
テレビってたぶん,出したら100万人が面白いと思えるものを作る場所ですけど,ニコ動って1万人にとって面白いものを100個作れば100万人じゃないか,っていう感覚なんですよ。
http://www.4gamer.net/games/015/G001538/20080301003/


◆モバイルサイトで年収4000万稼ぐ18歳のお話
ただ、ひたすらに7000サイト以上を作る。
16歳くらいからはじめてはいるそうですが、18歳にして7000サイト以上を作ってきた彼。単純に4000万を7000サイトで割れば、1サイトの売り上げが年間5714円。1ヶ月で計算すれば、476円です。
http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-364.html


テレビとWebは共存できるかって話は、ここ数年とりあげられる飽きない話題だけど、この記事はこの議論の回答になるんじゃないかと僕は思っている(目的は一緒でもやり方や過程が違うせいで分かり合えないみたいな・・・)。

Webサービスってロングテールの商売方法が成り立つ不思議な空間。
その仕組みが成り立つ方法を考え、クライアントに提案し理解してもらえる力をつけるのが20代の僕の目標の一つだと思う。
2008年03月02日
今週は2日連続で家に帰れなかった・・・。
1日目はある意味必要で望んだ結果だったとして、
2日日は納期直前の危機管理が甘かったための終電逃し。
納品物の修正量は許容範囲内だったけど、ネットワークの断線は予定外。別の納品方法を用意するのに時間がかかりすぎた。

仕事が最近どたばたと忙しさを増して行くのに比例して、自分の仕事を見つめ直す機会が増えている。

自分が今、誰から頼まれて、何を作って、それが誰に対して、どのくらいメリットがあり、お金と時間がいくらかかって、費用対効果がどのくらいかかるのか、人に任せるのか、自分でするのか


考えて考えて回答を口に出すと、その回答に更に説明と尾びれ背びれをつけろと言われ、面倒な方向に進んで行く。
回答しなければ良かったと思うくらい、話が大きくなっていくのには困った。技術者にとって口は災いのもと。口をつぐんて手を動かした方がよっぽど精神的な負担がかからない。

あー面倒くさい、面倒くさい。
arigatou.jpg

この一年、色々あったけど、土壇場に来てなんとか結果が出た。
まだ小さな結果で不安定だけど、これを機に、次の一年を見据え、しっかりとした実力と責任と立場を手にする事を目標に頑張りたい。

力を発揮できる空間を作ってくれた仲間に感謝。

この機会に自己評価もしてみる。
年明けに立てた目標にどれだけ近づけているか、チェック。

◆フットサルかサッカーを月3回はする。
  ⇒OK、身体のキレも少しはましになってきた。
◆フットサルかサッカーを月1回は見に行く。
  ⇒Fリーグやら高校サッカーやら良く外出するようになった。
◇とりあえず1年。
  ⇒続ける事が大事。
◇高知に旅行。
  ⇒夏休み?年末?
◇30万貯める。
  ⇒未だノープラン、何かしらの方法で貯蓄を始めよう・・・。
◇XHTML・CSSをマニュアルなしでも説明・記述できるようにする。
  ⇒ディレクションばっかりで手を動かしてないな・・・。
◇MTとWordPressを実務で使えるレベルになるまでいじってみる。
  ⇒レンタルサーバを借りるところから始めようかな・・・。
◇SEOを実務で説明・運用できるレベルまで勉強する。
  ⇒5・6月くらいをめどに・・・。
◆映画を月一本は見る。
  ⇒カリオストロの城、陰日向に咲く、チームバチスタの栄光
◇時間に対する考え方を変える
  ⇒15分前行動厳守中、ただ朝の弱さは変わらず・・・。
◇戦友(パートナー)と呼べる人間を作る・探す。
  ⇒良い感じの人はいるが、背中を預けるには及ばず。
◇複数人の中での会話に積極的に入って行く。
  ⇒初対面の人々を前にすると固くなるのは直したい。
◇前から作りたかった動画を2作品作成する
  ⇒一本目作成中


まだ2008年が始まって1ヶ月半。
今シーズンは自分の人生を決める勝負の年の予感。
自分らしく、自分の道を歩きたいと思う。
arinomama.jpg

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『先週末プライベートで後輩にドタキャンをくらい、仕事でもクライアントから会議をドタキャンされて凹んでいたら、今日、自分が同僚と映画を見に行く約束をドタキャンした。』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をしたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…
あれだけドタキャンされたことを怒っていたのに、まさか自分がドタキャンすることになるとは。

自己嫌悪とかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
2008年01月27日
kage.jpg

同僚から借りた本シリーズ第3弾。

劇団ひとりの小説デビュー作。
少し斜め上を行くキャラクターたちが織りなすテンポの良いストーリーは読んでいて心地よい。

文章のテンポって大事。
最近仕事でメールのため文章を書く機会が多いのだけど、自分のメールには無駄が多いと思っていた。
削ぎ落とせる所は削ぎ落として、読み手のテンポを重視した文を書けるようになりたい。

しかし、劇団ひとりの舞台[テレビ]での芸風は面白くないけど、
文章にすると面白いから不思議。

「陰日向に咲く」は最近映画が公開されたとのことで、来週会社帰りに同僚と見に行く予定。

「ノーモアウォー!ノーモアウォー!」のシーンを監督がどのように演出するか楽しみ。


陰日向に咲く
陰日向に咲く
posted with amazlet on 08.01.27
劇団ひとり
幻冬舎 (2006/01)
売り上げランキング: 58
おすすめ度の平均: 4.5
5 すごい!!の一言
5 驚きました
4 笑いと涙を体感

arinomama.jpg

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『昨日プライベートで後輩にドタキャンをくらい凹でいたら、
今日、仕事でもクライアントから会議をドタキャンされた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…
一週間前にアポイントメントを取り、2日前にも開始時間を再確認したにも関わらず、
ダブルブッキングを理由にお断りされた。
更に最悪な事に、その場にいた上司に段取りが悪いと言われる始末。

理不尽とかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
映像制作は評価されやすく、逆にWeb制作は評価されにくい。

この温度差を最近ヒシヒシと感じている。

制作現場を何も知らない人から見れば、映像制作のほうが明らかに外面が良い。
映像は見ればわかるが、Webは使わなければわからない。

映像というメディアは、誰でも子供の頃からテレビを通して触れてきているため、ある程度の良し悪しを判断することができるようになっているから、いざ評価を下す際に、評価しやすいのだと思う。さすが受動的メディア。

逆にWebはまだまだお茶の間に浸透しているわけでもなく、良し悪しの判断基準さえわからないのではないかと感じる。さすが能動的メディア。

ただ同じ目的を達成するために、同じ制作期間をかけて映像とWebを作った場合、どちらがお金がかからずより良い効果をだす事ができるかを考えると・・・。
とりあえず理解のない上司にWebの有用性・労力・評価方法を正しくして貰うためには何をすればよいのだろうか?

映像制作とWeb制作、二足のわらじを履くものとして未だに悩んでいる。
fainalcut.jpg

映像編集を勉強したい。
Adobe Premiereを主戦力としているが、Adobe Affter EfectsやFainal Cutの使い方を一通り覚えたいと思っている。
可能であればAvidもいじってみたい。

幸い今の職場には、全ての編集ソフトが揃っている。
それにも関わらず、素晴らしい編集機器&ソフトを前にしてお預けをくらったまま。

正確にはWeb制作の案件が忙しくて、それどころではないといった所。
ただ、以前からやりたいやりたいと思いつつも全く手を付けられていないのは、やる気が足りないのかもしれない。

いいかげん思っているだけでなく、実行に移せるよう時間を作る努力をしたい。
2008年01月17日
会議で余計な事を言ったせいで、
知らぬ間に相手を怒らせ、その事に勝手に傷ついている。
まだまだ、我慢が足りない。

どうせ怒らせるなら、計画的に怒らせ相手の本音を聞き出したい。
そんな心理戦を仕掛けられるのは何十年先になることやら。

また、会議が終わって気を抜いた時にこそ本音が出る。
だたでさえ、余計な一言が溢れ落ち、波紋を広げるのだから発言は控えるにこした事は無い。
逆に回りの人たちの発言に聞き耳を立てることで、今自分が身を置いている環境がどういう状態なのか把握する事に勤めよう。

まだ、政治や駆け引きをするには未熟すぎる。

◆ナイチンゲールの沈黙 [著者:海堂尊]より。
口数はできるだけ少なく。
意思決定者の前で口数を多くして、イイコトがあるはずはない。
院内処世術の初歩の初歩だ。


ナイチンゲールの沈黙
海堂 尊
宝島社 (2006/10/06)
売り上げランキング: 269
おすすめ度の平均: 3.0
2 過去の栄光
3 最後まで…
5 これは二部作です

2008年01月12日
最近、仕事の関係でJリーガーに会う機会に恵まれている。
詳しくは書けないが、代表クラスだったりチームキャプテンだったりと
割とすごい人たち。

彼らの話は、積み重ねてきた重みや、実績という裏付けから、聞いていて非常に勉強になる。
また、メディア慣れもあるのか話も面白い。何を話せば喜ばれるかのセオリーも心得ている。

こういう場にいると、色々感覚がおかしくなってくる。
特別な人に会う事を許された自分はそれなりにすごいのではないか?
特別な人に会う権利を貰える環境に所属していることは素晴らしいことではないか?

勘違いしてはいけないのは、凄いのは彼らであって、側に近寄れた自分ではない事。凄いのは自分の力ではなく、環境の力と言う事。

結局自分は何もしていないわけだ。
自分の手を動かし確かな実績を作り、自分の名前で人に会う事ができなければ意味がない。

最近よく、人生を生き抜くために、何を使ってどこで勝負すればいいのかを自問自答している。

現場ではたいした実績を発揮しないのに、コミュニケーション力を武器に、上司や外部の人間と仲良くなった人間が、あたかも自分は上司の言葉の代弁者かの様に振る舞って、仕事をあれこれ指示してくると、無性に腹がたってくる。

もうね、これは完全な嫉妬。
そういう方向で勝負する事が自分にはできないから。
そういう方向に環境を自分の力で変える力がないから。

これはいくら愚痴っても自分には到底真似できないことなので
別の道で自分を認めさせる方法を探していきたい。
nayami_300_300 2.jpg

先日まで進めていたプロジェクトが終わり、本日反省会が行われた。

その席で個人的なダメだしをされたのだが、その内容が納得いかなかった。

これまで様々な方々からダメだしを受けてきたが、なんだかんだ愚痴を零しつつも、自分に至らぬ点があったという結論に辿り着く事が多かった。

ただ今回は依頼された内容は確実にこなせていたと思っていただけに腑に落ちていない。

そのダメだしというのは依頼されていない事柄に関してであった。

依頼内容に含まれていない項目に対して、何故それをやらなかったか理解に苦しむと言われたのだ。

さすがに聞いていない事までは対応できないし、自分の判断で気を利かせる事ができる程、ささやかな事項でもない。事前に準備が必要になってくる事項でもあった。

情報を正しく共有しなかった否は向こうにあるのではと思ってしまう。

ヒアリングの場で出てこなかった項目に関しても
何とかして全てを聞き出せと言うことか。

自分からは、過去の反省を活かして報告連絡相談を徹底し
情報を共有しているつもりだ。

しかし相手から情報を共有してもらうためには、次のステップが必要なようだ。

あれこれ調査したいが、とりあえずどんな小さな仕事や依頼でも、下記の項目を必ず聞き出す事を心がけたい。

◆必須ヒアリング項目
1.納期
2.制作物の用途
3.制作物を2次加工する人・グループ・企業
4.制作物の納品形式
5.制作道具の用意をする人



なぜあの人の話に納得してしまうのか―説得力を磨く52のヒント
中谷 彰宏
ダイヤモンド社 (1999/10)
売り上げランキング: 78392
おすすめ度の平均: 4.5
4 説得することは簡単だった
5 スピーチする前に読みましょう!

2008年01月10日
FigureEducation.png

年も代わり10日も過ぎたというのに今年の目標を立てていなかった。
尊敬する先輩を見習って、ブログで宣言。
仕事からプライベートまで適当に。

・フットサルかサッカーを月3回はする。
・フットサルかサッカーを月1回は見に行く。
・とりあえず1年。
・高知に旅行。
・30万貯める。
・XHTML・CSSをマニュアルなしでも説明・記述できるようにする。
・MTとWordPressを実務で使えるレベルになるまでいじってみる。
・SEOを実務で説明・運用できるレベルまで勉強する。
・映画を月一本は見る。
・時間に対する考え方を変える。
・戦友(パートナー)と呼べる人間を作る・探す。
・複数人の中での会話に積極的に入って行く。
・前から作りたかった動画を2作品作成する
現在の仕事での個人的な三種の神器は
[Firefox(ブラウザ)][Photoshop(デザイン)][EmEditor(エディタ)]である。

作業中にこのソフトを呼び出すときに[ファイル名を指定して実行(Windows+R)]をたまに利用する。
キーボードだけでソフトを呼び出せるので作業が途切れないし、
一度入力すると履歴に残るので何度も入力する必要がなくお手軽だし、なにより若干PC使えてるよ感に浸れて気持ちがいい。

ランチャーソフトを有効活用できるほどのキーボード派ではないので
[ファイル名を指定して実行(Windows+R)]程度で充分だと思っていたが、一つだけ不満があった。

FirefoxとPhotoshopを呼び出すにはそのまま「firefox」「photoshop」と打てばソフトが立ち上がったのに、
EmEditorだけは[emeditor]で呼び出せすことができていなかったのだ。

正月にこの問題を解決しようと調べてみたら、見事に解決できたのでメモ。
休み明け、仕事でバンバン使うぞ!

◆[ファイル名を指定して実行(Windows+R)]でEmEditorを呼び出す方法

1.コマンド用のフォルダ[C:\Command]を作成(Cドライブ直下にフォルダCommandを作成)

2.[Command]内にEmeditorのショートカットを作成(名前はデフォルト:EmEditor)。

3.コントロールパネル⇒システム⇒[詳細設定]タブ⇒[環境変数]を選択

4.ユーザ環境変数の[新規]ボタンを選択

5.以下のように値を入力
変数名:path
変数値:C:\Command

6.[emeditor]を[ファイル名を指定して実行]に入力
7.EmEditor起動!


◆[ファイル名を指定して実行(Windows+R)]で呼び出せるあれこれ。
メモ帳:notepad
ペイント:mspaint
エクスプローラ:explorer
コントロールパネル:control
システム構成ユーティリティ:msconfig
コマンドプロンプト:cmd
Word:winword
Excel:excel
Powerpoint:powerpnt


参考:ファイル名を指定して実行を使いこなす方法-knowledge database-
帰省の電車の中で、読んでいた「Web creators」で
覚えておきたいCSS TECHNIQUEがあったので
年を越して忘れないうちにメモメモ。

◆Flashコンテンツを配置した際の下余白を消す方法
object,
embed {
vertical-align: top;
}


◆クロスブラウザ対応のリスト指定
ul {
margin: 10px 0 15px 15px;
padding: 0 0 0 15px;
}

li {
list-style-position:inside;
}


◆IEとFirefox他モダンブラウザでウインドウ高さに指定領域をあわせる方法
html,
body {
height:100%;
}
/*Firefox他モダンブラウザ用*/
#content {
min-heihgt: 100%;
}

/*IE用*/
* html #content {
heihgt: 100%;
}


Web creators (ウェブクリエイターズ) 2008年 02月号 [雑誌]

インプレスコミュニケーションズ (2007/12/27)

tv_conference.png

サイトの新規リニューアルに向け、現在Webのディレクションを任されている。

実はこれが初めてのディレクションで、あれこれ四苦八苦しながら、クライアント、デザイナー、SEO担当者と何度も打ち合わせを重ねてきている。しかし、あれこれクライアントに決定・決断して欲しい事項があるのに、全然進んでいかない。

○「こんな感じの内容を提案したいのですが・・・。」
◆「まだその点については当社で決まっていないので・・・」
○「いつ頃決まる予定でしょうか?」
◆「おそらく2ヶ月後には・・・」
○「えーと、サイトの公開日は?」
◆「2ヶ月後にお願いします。」
○「・・・。」


会議を通して、相手の意見を引き出し、決定項目として資料にまとめていく会話術の無さを痛感している。

また、決議を急いでしまって、会議を穏やかに進めることができない。決めたい事をどんどん聞いていくと、会議の空気がどんどん重くなっていく。聞きたい事は聞けたので次の議題に移りたいと思うのに、議決内容とは関係ない方向へ話が展開していく。
なんでそんなに話を脱線させたがるんだと思うのは、僕だけなのだろうか?
「雑談は会議の後にして下さい。」と発言したいのをぐっと抑えて相槌をうっている自分がいる。

また、あれこれ熱心にサービスの説明や今後の展望を話してくれるのは大変ありがたいのだが、話した内容を全部資料にまとめて、メールで渡してくれたほうがWeb制作を進めるにあたって、どれだけありがたいか。

結局、公開1週間前で泊まり込んで作業するしかないのか。
見えない物を形にしていくプロセスに立ち向かって行きたい。

秘伝すごい会議
秘伝すごい会議
posted with amazlet on 07.12.29
大橋 禅太郎 雨宮 幸弘
大和書房 (2007/10/19)
売り上げランキング: 1001
おすすめ度の平均: 4.5
4 会議のやり方って、なかなか習えないのですが、この本を読めば盗める技法も多数。
3 内容は○、雨宮氏の解説は×
5 まさに実践編


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。