dojo_newhdr 2.jpg
今の職場で働き始めて1年がたった。
うちの職場はデザイナー2名、ディレクター兼コーダー1名の体制。
デザイナーが各1件ずつ案件を抱えると、ディレクター兼コーダーの僕が
2つの案件を抱えつつコーディングも行わなければならない。
となると時間の使いや方やら、コーディングの速度を向上するなどしないと、仕事が回らなくなってしまう。
今年1年間を振り返り、次の1年に向けて対策を練る!

先に結論:「ディレクション力の向上が今年の目標!」

◆責任の重さ:
Webが完成しなかったり、クオリティが低い=ディレクター&コーダーの責任になる。
当たり前だが納期厳守のため、制作スケジュール通りに仕事が進まないと、
納期直前になってコーダーである僕は徹夜を強いられることになる。
納期厳守の責任が最終的にコーダーにかかってくるわけだ。

これを解決するには、スケジューリングをしっかり行うことだと思う。
コーディングのスピードを高める努力をしてきたがそろそろ限界が見えてきた。

それよりも、クライアントから求められる仕事内容をよく理解して、
必要な部分・必要ない部分を判断し、スケジュールを立てるようにする。
そして立てたスケジュールを、上手く仕事に関係する人間に伝える努力をしようと思う。

この1年通して、単純にスピードを求められるものが多かったので
その辺を考慮して、スケジューリングできるようにしたい。


◆作業量
クライアントから要件を聞く事からはじまり、その後、仕事に関わる人間に指示をだして、
自分のコーディング作業も進めなくてはならないので他の人間より作業量が2倍・3倍。

これも自分のコーディング作業が滞らないように、
制作の段取りを上手くできるようにしたい。

幸い、スケジューリングに口出しできるポジションみたいなんで、
色々試して、自分の仕事が効率よく回る枠組みを作っていきたい。

また、与えられた仕事に関しても重要な仕事、とりあえずでも構わないもの等、
質の比重を判断できるようになろうと思う。
クライアントからお願いされたことを言われたままに
こなすのではなく、無駄な部分は削ぎ落とす目を持ちたい。

クライアントは説明過多にあれもこれもと言って来るけど、
本当に大事な部分てそんなに多くないはず。
その部分さえクライアントと共有できていれば、無駄な作業が増えず
効率よく仕事できるもんね。


◆Web制作能力
今の職場では驚く事に、一番Web制作力があるのは僕だ。
これはあまり会社にとって良い状態ではないと強く思う。

ただ、限られた人数の中で仕事を捌くしかない状況なので、
僕自身は新しい技術を身につけていくよう努力するのを前提とし、
僕の知っている技術・知識を周りの人間に伝えることも今年は考えていかなければならない・・と思う。

ベンおじさんが

大いなる力には、大いなる責任が伴う」
"With great power comes great responsibility".


って言ってたし、そういう立場になっちゃたからには頑張らないとね。

技術を教える代わりに、その仕事を今後引き受けてもらう流れを作り、
自分の仕事を減らしていくのが今年の目標。

時間を作って、別の分野を勉強する時間や、別の仕事をする時間に充てたい。

◆給料
今の職場で、給料を上げていくのは正直期待できない。
上司のWebの仕事への理解力に疑問があるからだ。

給料をあげる方法として考えられるのは、
上司に仕事への理解を求めるようにアピールするか、
フリーで別の仕事を取って来るか。

自分の能力を考えると、上司へのアピールよりも
今の仕事を効率良くこなし、作った時間で別の仕事をこなすほうが手っ取り早そうだ。

上司はともかく、フリーの仕事を紹介してくれる先輩との仲は大切にしたいと思う。

以上、2009年も仕事を頑張ろうと思う!
Comments
はじめまして

わかります非常に
Webデザイナとしての向上心がない人ですよね
ほんまにやめてほしいです
Posted by nori at 2008年11月26日 14:47
noriさん、コメントありがとうございます。

向上心を失って、今持ってる技だけで勝負しはじめたらアカンなと最近強く思います。
Posted by 14 at 2009年01月04日 01:59
Post Comment
Name: [必須入力]

Mail:

URL:

Message: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。