icemb 2.jpg

僕は缶コーヒーが好きだ。ほぼ毎日缶コーヒーを一本は飲んでいる。
最近毎日自販機で購入していた缶コーヒーが、ホットから冷たいに変更されており、缶コーヒーで季節の変わり目を感じたくらいだった。

そういえば、去年の秋から冬・春と仕事に没頭していたせいで、四季を感じる余裕がなかった。
缶コーヒーがきっかけで、それに気がつくのが少しおもしろかった。

季節ごとに色んな缶コーヒーにはまってきたけど、楽しい事や苦い経験をコーヒーの味とともに覚えている気がする。

今まではまってきた缶コーヒーと購入時期をまとめて、各時代を思い出してみる事にする。

ダイドーブレンドコーヒー


c01.jpg
◆飲んでいた時期:高校1年〜3年
◆購入頻度:月1、2回

高校生の時、貰っていた小遣いは微々たるものだったので、
大切な授業にも関わらず、眠くてどうしよもないって時だけ購入していた。
当時はコーヒー代を捻出するのだけでも一苦労だったと思う。


ジョージア ヨーロピアン


c02.jpg
◆飲んでいた時期:大学1年〜3年
◆購入頻度:週3本

大学生になり味覚が変わって甘いのがダメになった。
そこで飲み始めたのがこれ。
微糖でカフェインが脳に染み渡る感じが好きだった。



ジョージアエメラルドマウンテンブレンド


c03.jpg
◆飲んでいた時期:大学2年〜3年
◆購入頻度:週3本

当時の「明日があるさブーム」に影響されて、
ジョージア ヨーロピアンと併用して飲んでた。
キャンペーン期間中に缶に張られていたシールに書かれた一言に
一喜一憂してた。

ワンダ モーニングショット


c04.jpg
◆飲んでいた時期:大学4年〜大学院1年
◆購入頻度:週3本

苦くもなく甘くもなくすっきりと飲みやすい。
研究室にいる事が多くなったせいかコーヒー摂取量が増え、
何度も飲みやすいものにシフトした。

マウントレーニア カフェラッテ エスプレッソ


c05.jpg
◆飲んでいた時期:大学院2年
◆購入頻度:毎日1本

缶コーヒーからチルトコーヒーに以降。
ストローで時間をかけてだらだら飲むスタイルが自分に合っていた。
一本買って、それを1日かけて飲み干すスタイルが確立。

スターバックス ディスカバリーズ Milano【エスプレッソ】


c06.jpg
◆飲んでいた時期:就職してからの4ヶ月
◆購入頻度:毎日1〜2本

東京出てからの4ヶ月はこればっかり飲んでた。
会社の人にも「それ毎日飲んでるけどおいしいの?」と言われる程。
値段は張るけど、これは僕の味覚にベストマッチ。
今一番お気に入りのコーヒー。
職場が変わり、コンビニが遠くなったこともあり、仕事中は飲まなくなったけど
休日はこれ飲んで午後をまったり過ごしてる。

ダイドーデミタスコーヒー


c07.jpg
◆飲んでいた時期:現在
◆購入頻度:毎日2本

職場が変わって飲み始めたのがこれ。
1本あたりの量が少ないので、2本、3本は飲んでる。
これ飲んでると常磐貴子のCMを思い出し、ちょっとやる気が出てきたりする。


スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学
吉本 佳生
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1087
おすすめ度の平均: 4.0
4 経済をはじめて学ぶには丁度よいか
4 比較優位の考えが参考になった
4 価格の仕組みが分かります
5 多くの人に読んでもらいたいです
4 身近なところから実感できる経済学


kabegami_5cm3l.jpg

◆フットサルにタクシー使った話


先週末、フットサルするために出かけようとしたら原付がパンクしていた。
フットサルコートまでは原付なしでは開始時間に間に合わない距離だったので諦めることも検討したが、結局タクシーを呼ぶ事にした。

一人でタクシー呼んで、一人で乗り込むのは初めての経験だった。
まさか初一人タクシーをフットサルのために使う事になるとは。

久々に自分がフットサルを大切に思っていると再認識した。

あと、早朝にも関わらず明るい感じの運転手さんに対応してもらえて嬉かったことも付け加えておく。


◆仕事と危機感の話


今の仕事場には僕以上にWeb技術(実際に手を動かす技術者)に詳しい
人間がいない。

それだけに、職場では意見が通しやすいし、ある程度融通が利くので働きやすくはある。

だけど僕自身はそれが怖くてしょうがない。

これまで所属した場所で、圧倒的とも言える技術・知識を持つ人たちの
腕を見ているので、自分のレベルが話にならない事を知っている。

だから、たまに外部の会社との会議に出席すると、
相手の技術者とのやりとりに自信を持てない。

相手の会社でできるんだから君もできるよね?
っていう周りの視線が心に染みる。

その時に感じる、劣等感て結構つらい。
先輩から技術的な指導を直接してもらえる環境ができれば欲しい。

強く思う - 環境がないなら、自分から仕事場の外へ出て情報を集め勉強しなければならないと。


◆プログラムの話


僕くらいのど素人プログラマが、あれもこれも簡略化しようとすると
技術の海で遭難してしまう。

それって、たしかにループ処理できたらスマートだけど、
その方法を考える時間をつくるよりも、人力でやったほうがはやくね?

僕は、向き不向きの法則を信じているので、足りない知識は今わかる技術で解決してしまおう。

本当に必要なときはプロに頼むのだ。


◆気が沈んだときに見るとやる気がでる記事。


サッカーコラム J3  みんなKAZUが好きだった。 http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-1043.html


蹴音―三浦知良伝説の言葉
三浦 知良
ぴあ
売り上げランキング: 76060
おすすめ度の平均: 5.0
5 偉大なるKING
5 内なる声に従い続けるカズ
5 こんな本を待ってた!
5 THE KING OF KINGS
5 カズさんは年をとればとるほど、目標に向かって輝いている、そういう名言集です!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。