2007年06月16日
遅い、遅すぎる・・・。
ジェットリーのアクションてこんなもんだったけ?
マッハ、トム・ヤン・クンでのトニー・ジャーによる
超絶アクションを見た後では
まるで、止まって見えるぞジェットリー!

この映画、俯瞰視点が多かったのが非常に気になった。
僕は、俯瞰視点が非常に大好きなのだが、
ここまで多いと、なんだか不快な気分になるなー。
不思議だ。
2007年06月10日
トニー・ジャー超すげええええええええ!
2007年06月10日
トニー・ジャーすげええ!
2007年06月09日
映画には、意味のないカットなどない。
「全てのカットに意味がある」
という事実を教えてくれた映画。
5月中旬からGOAL2のスクリーンデビューを祝してサッカー映画を中心にまとめて閲覧。

■GINGA
監督:フェルナンド・メイレレス
主演:ブラジル人たち。
評価:★★★☆☆

この時期にまとめて見たサッカー映画の中では一番おもしろかった。
サッカーへ対する、ブラジル人たちの憧れ、接し方、精神、そして楽しさが映像から伝わってきた。
ファルカンとロビーニョの絡みのパートはすごくイイ。
フットサルファンにはたまらない。



■レアル・ザ・ムービー
監督:ボルハ・マンソ
主演:ベッカム、ラウル、ジダン、ロナウドほか
評価:★☆☆☆☆

予告編の出来がいいだけに、本編のできにはがっかり。
横浜との試合映像がずっと続けばいいのに。
冒頭ででてくるロナウジーニョの映像だけは最高。



■ZIDAN-神に愛された男
監督:ダグラス・ゴードン, フィリップ・パレーノ
主演:ジダン
評価:☆☆☆☆☆

1分で映像の綺麗さに感動し、5分で飽き始め、10分で眠気が遅い、15分後には寝ていた。



■GOAL !
監督:ダニー・キャノン
主演:クノ・ベッカー
評価:★☆☆☆☆

ん、まあ王道すぎてなんだけど、サッカー映画としては及第点かな。
こんな映画が無事3部まで続くのか心配ではある。



■GOAL2!
監督:ジャウム・コレット=セラ
主演:クノ・ベッカー
評価:★☆☆☆☆

スター選手の私生活の描写があまりに酷い。
サッカー選手を目指す子供たちが彼らを目標にしない事を節に願う。
これ、打ち切られないのかな?
3部に無事続くのか・・・。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。